8月
31

ダイヤモンドの輝きには人を惹きつける魅力があります。ルビーやエメラルドといった代表的な色のある宝石に比べると、無色透明なダイヤモンドは興味のない人からしてみると味気ない物に感じられるかもしれません。
しかし、美しくカットされたダイヤモンドは光を複雑に屈折させて、他の宝石では生み出すことのできない輝きを放ちます。自然から生まれた美しさと人の手による技術が合わさって初めてダイヤモンドは輝き、価値を見出すことができます。

婚約指輪に使われていることで有名なダイヤモンドですが、選ぶ時には困ることも多いはずです。ただ一見してみただけでは本当に価値のある物かどうかなんて分かりません。ダイヤモンド自体にどれくらいの価値があるのかは、婚約指輪に使われている小さなダイヤモンドではいまいち伝わりにくい場合もあります。ダイヤモンドにはグレードがあり、そのグレードによって価値が変わります。

もしもダイヤモンドを見て選ぶ時には自分のセンスで、輝いていると思う物を選んでみるといいでしょう。グレードでも大事になるのは透明度と輝きです。プロが見ないと輝きに価値を付けることは出来ませんが、価値や値段に惑わされず自分のセンスを信じてダイヤモンドを選んでみるということが大事です。